あなたの痛みや不調の原因と正しく向き合う!身体の歪み背骨専門整体。その場の改善だけでなく【姿勢・呼吸・意識】の調和から『違和感ゼロの身体』を目指します。

身体の「ゆがみ」根本改善!

カラダバランス・メイキング世田谷

たったひとつの大切な身体
もう我慢放置
ごまかさないでください・・・

東急世田谷線

「世田谷駅」「上町駅」から徒歩3分受付日:火・水・金・土(10:00~22:30)

今すぐ、お電話!!

03-3429-1135 【ホームページを見て…】とお電話ください 
ネット予約

肩こり・腰痛・頭痛

骨盤のゆがみ・顔のゆがみ
手足のしびれ・膝の痛みなどなど…

睡眠と腰痛の関係

ぎっくり腰など急性腰痛の大きな原因のひとつとして、睡眠不足が考えられます。
毎日7〜8時間の睡眠を取ることがベストです。
睡眠不足になると、血液循環が悪くなり、筋肉が硬くなり、急に腰を痛めてしまう腰痛が起こりやすくなります。
そして、十分な睡眠が取れていないことにより、それが治りづらくなります。

≪睡眠の取り方≫

睡眠の取り方も重要です。
睡眠時の姿勢はいろいろありますが、うつ伏せ寝は肩や足よりも重い体幹(胴の部分)が
ベッドや布団の中央部をくぼませてしまうため、腰も沈んでしまい、背骨に負担が掛かりやすくなり
結果、腰痛を悪化させてしまいます。

急性的な腰痛に良い姿勢は、横向きに寝て股とひざの関節を曲げる姿勢です。
仰向け寝が習慣になっている人は、ひざの下に折りたたんだ毛布や大きな枕等を
置いて寝ると、腰痛が和らぎます。

また、腰痛が急性でない場合は、寝る前のストレッチも有効的です。
筋肉をほぐすストレッチを行いましょう。
ストレッチをすることで副交感神経が刺激されてリラックス状態となり
より質の良い睡眠を取ることができます。

このように、腰痛には質の良い睡眠が効果的ですが、睡眠の取り過ぎもまた腰痛の原因になります。
人間は睡眠時に無意識に寝返りを打つことで寝心地の悪化を防いでいますが、アルコールを飲んだ後など
長時間熟睡しすぎてしまうと寝返りをしないこともあり、これが原因で腰痛につながることもあります。
その他、枕を始めとする寝具、室内温度など
自分にとって最良の状態で睡眠を取ることを心がけて、腰痛を防ぎましょう。

院内の様子
腰痛や頭蓋骨についてお悩みの方はコチラ

当店では画像検査システムで
客観的にあなたの「ゆがみ」を
お伝えしています。

今までの検査結果はこちら
生声集へ
よくある質問
※項目をクリックすると
 詳しい解説が見られます。


1位、腰痛
(ギックリ腰なども含む)

2位、肩こり・首こり・背中のコリや痛みなど
(ストレートネック、四十肩、五十肩なども含む)

3位、骨盤・背中・顔の歪み
(産前・産後のズレ、側弯や不良姿勢なども含む)

4位、頭痛・偏頭痛や原因不明の不定愁訴
(不眠や生理痛、自律神経や便秘なども含む)

5位、膝や股関節、足首など下肢の痛みや不具合
(足のシビレや捻挫なども含む)



カラダバランス
<ヒント>ページはこちら↑

facebookページ
web予約